それぞれの方法の特徴

>

荷物の大きさによって方法を変えよう

どのくらい安くなるのか

自ら業者に運ぶ場合、集荷の時に比べて100円から200円ほど安くなります。
それだけ聞くと、あまりお得ではないと思ってしまうかもしれませんね。
ですが何度も荷物を送ると費用が積み重なるので、100円でも削減できれば嬉しいでしょう。
荷物を送る頻度を考えて、ふさわしい方法を選択してください。
宅配業者まで持って行かなければいけないので、前もって場所を調べておきましょう。

大きな荷物でも、自分で車を運転できる人だったら問題なく持って行けるはずです。
宅配業者はたくさん存在していますが、大きな荷物を送る場合はどこでも大抵は料金が高くなります。
無駄な出費を抑えるために、できるだけ自分で荷物を持って行ってください。

コンビニなどでも良い

宅配の営業所が遠くにあって、持って行くのが大変だと思ったらコンビニなどでも良いでしょう。
コンビニや郵便局からも、荷物を送れます。
それなら身近に存在するので、荷物を送りたい時にすぐ持って行けると思います。
特にコンビニだったらどこにでもありますし、24時間年中無休で経営しています。
仕事へ行く途中によって、荷物を出せるでしょう。

営業所まで行くのが面倒に感じると、荷物を出すことを後回しにする人が見られます。
ですが予定が狂ったら大変なので、早めに出すことを心がけてください。
営業所まで持って行かなくても、コンビニや郵便局に持って行くだけで費用の削減になります。
近くの施設に持って行って、無駄な出費を抑えましょう。


TOPへ戻る