それぞれの方法の特徴

>

持って行くか来てもらうか

自宅に来てもらう方法

荷物を送る場合は、自分が宅配業者まで持って行かなければいけないと思っていた人が見られます。
しかし、無理をしないでください。
集荷という方法を選択すれば、自宅に宅配業者が来てくれます。
自宅で荷物の受け渡しができるので、余計な体力を使う必要はありません。
大きな荷物や重い荷物、たくさんの荷物を送りたい時は集荷を選択するのが良いと言われています。

その時に合わせて、荷物を送る方法を選択してください。
ただ集荷は、宅配業者荷物を持って行った時に比べて料金が高くなることが多いです。
そのことを忘れないで、費用をしっかり用意してください。
受け渡しの時に費用が足りないと困るので、事前にどのくらい掛かるのか調べておきましょう。

空いている時間を指定しよう

急に宅配業者が自宅に来ても、荷物や費用の用意ができていなかったら困ります。
ですから、先に時間を指定してください。
指定した時間にきっちりと荷物を回収しに来てくれるので、間に合うよう準備をしましょう。
準備ができていないと、宅配業者を待たせることになるので相手に迷惑を掛けます。
また指定した時間には、必ず自宅で待機してください。

事前に都合のいい時間を予約することができますが、宅配業者が混んでいると、その時間を指定できないことがあります。
引っ越しの時期は荷物を送る人が多く、普段よりも混みます。
他の人より出遅れると、好きな時間を指定できません。
早く申し込むことを意識してください。
すると確実に空いている時間を確保できます。


TOPへ戻る